消費者金融頭金

プライベイト

布団購入のために消費者金融を利用しました。

私は富山県の港町に生まれて高校生時代までをその富山県の港町で過ごしました。



港町の漁師の男達の気性は荒く、男達の男らしさや金遣いの荒さを見て育った私は知らず知らずのうちに「宵越しの金は持たない」という考えに感化されて育っていったのです。



そんな私も高校を卒業し、東京の大学に合格したので東京に上京する事になり、新宿区内のシェアハウスに入居して学生生活を始めていました。



そして私は東京での生活を始めてすぐに押し売り商法で布団を売りつけられてローンをしてしまうのです。



その日私は布団の押し売りのセールスマンをアパートに招き入れてしまったばかりに長々としたセールストークにつき合わされている最中でした。



布団のセールスマンは「こんな上質な高級羽毛布団はこの値段では二度と手に入りませんよ。」などと言ってそして「今お金があるなら今日この布団を買わなければ損をしますよ。」と言ってきたその言葉に私は何故か「宵越しの金は持たない」という富山の漁師達の言葉とシンクロしてしまい、気がつけば消費者金融で布団代金の頭金をキャッシングして借りていたのです。

そしてそのお金で高級布団を購入しました。